電子文書化ワークフロー

電子文書化ワークフロー

文書管理プロジェクトを発足させ、対象文書を選別し電子ファイリング化。分類体系を設計し、システムを構築。順次、紙文書の電子化をすすめています。また電子化された文書のアウトソーシング方式も検討しています。全社的な文書管理体制の確立により、情報の一元管理を可能にし、企業体質を強化します。

重要文書の保護

社内で文書管理プロジェクトを作成し、電子ファイル化の必要なもの不要なものを選別。そして電子化した原本については、その用途や使用頻度に応じて、外部倉庫に保存するものと社内に保存しておくものとに選別。そして共有や活用といったアウトソーシングを含めた運用ルールを決定。これにより保存性の高さと共に情報の機密性も向上させています。

重要文書の保護

システム化されたワークフロー

個人で把握している文書を洗い出し、業務フローに基づく文書フローの確認をとることで、利便性の高いシステムを構築。このためプロパティマネジメントに関する全ての情報が一元管理され、情報の共有化、スピーディーな情報検索、確認を実現。また機密保持にも注意した登録、検索、廃棄等の運用ルールが設定されているので、企業秘密や個人情報などについても厳重に守られています。

Top of Page