コンストラクションマネジメント・工事事業

共同施設の不動産サービス・2 コンストラクションマネジメント・工事事業 最小コストと長期計画で資産価値を維持

コンストラクションマネジメント・工事事業

時の流れの中で建物の構造部分や設備などの老朽化が発生し、ビルの機能は低下します。またテナントニーズに応えるため設備環境やインテリアなどリニューアルで新たな付加価値も求められます。

こうしたご要望に対し、物件のマネジメントに応じた日常的な修理・修繕工事やメンテナンスを行っております。

テナント入退居に伴う、入居工事・原状回復工事あるいは在室工事等、テナント様とビルオーナー様とのスムーズな調整を行い、コスト管理を徹底した品質の高い工事を実現致します。

また、資産価値を高めるため、ビルの特性をつかんだクオリティーの高い内外装改修工事の提案をご提供致します。

社内に工事のエキスパートを揃えており、現場を見ることで、表面からでは見えない部分の問題点も推察し、追加工事を必要としない先を読んだ工事計画を立案いたします。

工事・営繕管理

急速なOA化、多様なニーズなど、時代に応じたビル設備の具現化も極めて需要です。例えば最近では外装のライトアップ、ブロードバンド対応、床加重の強度向上などが注目されています。またエコロジーや省エネによるコストダウンも人気となっています。共同施設では費用対効果を検討の上、こういった最新設備の導入も積極的に対応し、オフィスの付加価値を高めるリニューアルを実践しています。

長期修繕計画立案

共同施設ではアセットマネジメントと連動した資産活用の視点から、ライフサイクルを最大限に伸ばしつつも、かかるコストの最小化を目指し、長期的視点で見た適切な修繕や計画的改修を実施しています。同時に時流の二?ズに応じた付加価値を高めるアイディアも、今までのノウハウを活かし、最適なプランを提案いたします。

長期修繕計画立案

お問合わせはこちら

Top of Page